徳川家康、黒田長政甲冑の展示を行います

関ケ原町では、今週末開催予定の武将シリーズ第五弾~小早川秀秋~の開催に合わせ、昨年度岐阜県が製作した「徳川家康」及び「黒田長政」の甲冑を展示します。今回展示を行う甲冑は、現存するそれぞれの甲冑を精巧に複製したもので、本物と遜色のない甲冑に仕上がっております。イベントにお越しの際には、是非、関ケ原町歴史民俗資料館にもお越しください。

◇展示期間
 平成30年5月23日~(6月11日~6月25日は岐阜県図書館にて展示。)

◇展示箇所
 2階  特別展示室

◇展示甲冑
 徳川家康所用 大黒頭巾形兜 伊予札黒糸威胴丸具足
 (だいこくずきんなりかぶと いよざねくろいとおどしどうまるぐそく)
 静岡県 久能山東照宮蔵の複製

 黒田長政所用 銀箔押一の谷形兜 黒糸威五枚胴具足
 (ぎんぱくおしいちのたになりかぶと くろいとおどしごまいどうぐそく)
 福岡県 福岡市博物館蔵の複製

IMG_9955.JPG