整繭器・毛羽取り機

民具の写真

040_1.jpg
整繭器(せいけんき)・毛羽取り機
040_2.jpg
毛羽取り機

使用例のイラスト

illust_040.jpg

蚕が繭(まゆ)を作る時、簇(まぶし)に足場となる糸を吐きます。その糸が毛羽となって繭どうしが絡まらないように毛羽取り機を使用しました。大正時代に使用された箱型のものから、後に手回し式、足踏み式などの改良機が作られ、昭和30年頃まで使われました。