しゅく編器

民具の写真

039_1.jpg
しゅく編器(しゅくあみき)

使用例のイラスト

illust_039.jpg

蚕が繭をつくる蔟(まぶし)を織るための機械です。蔟はさまざまな改良が加えられてきたため、それをつくる道具も変遷を重ねてきました。これは明治末期から普及し始めた二角式の蔟折り機です。