製縄機

民具の写真

032_1.jpg
製縄機(せいじょうき)

使用例のイラスト

illust_032.jpg

明治末に佐賀県で考案されたとされる、藁縄を綯(な)うための機械です。二個のラッパ状の受け口から藁を挿入し、撚りかけ装置を通って完成した縄が巻き取り装置で巻き取られていきます。この機械の出現により、手作業だった縄綯いの能率が大きく向上しました。