志野桜型平鉢

民具の写真

011_1.jpg
志野桜型平鉢 (しのさくらがたひらばち)

使用例のイラスト

illust_011.jpg

器全体に桜の花が描かれ、やや深さのある鉢になっていることから、煮物などをよそうのに使われました。志野(しの)とは、桃山時代に始まる岐阜県南部一帯において焼かれた美濃焼の一種で、白釉(焼き物を焼く時に器に塗るくすりの一つ)を使った焼物のことです。