足踏み脱穀機

民具の写真

027_1.jpg
足踏み脱穀機(あしぶみだっこくき)

使用例のイラスト

illust_027.jpg

刈り取って乾燥させた稲穂から籾を扱き落とすのに用いました。稲の脱穀は、江戸時代中期に千歯が発明されましたが、明治末にそれよりも高能率の脱穀用具として足踏脱穀機が登場しました。山口県や広島県で考案・制作されて全国各地へ普及しました。