千歯[足つき]

民具の写真

023_1.jpg
千歯(せんば)[足つき]

使用例のイラスト

illust_023.jpg

おもに稲と麦の脱穀に使用しました。鉄製の歯の間に穂先を通して引き抜いて脱穀します。江戸時代中期に発明されました。初めは歯に竹を割ったものや木を削ったものを使っていましたが、江戸時代末に鉄の歯が考案されました。