湯たんぽ

民具の写真

086_1.jpg
湯たんぽ

使用例のイラスト

illust_086.jpg

中に熱湯を入れ、縫い合わせた布などで包み、寝床に入れて足や腰を温めるのに使う保温用具です。元禄年間(1688?1704)にはすでにあり、陶器の蒲鉾形や円筒形が使われていましたが、昭和初年頃から波形をつけたブリキ製・銅製で小判形のものが出現しました。