大正ランプ

民具の写真

079_1.jpg
大正ランプ

使用例のイラスト

illust_079.jpg

ランプは、江戸時代末期に伝来した灯火具です。金属製またはガラス製の油壺に灯油を入れ、灯油を燃やすことで灯りを取りました。ほやと呼ばれるガラスで覆って風を防ぎます。通常の吊りランプは上向きですが、これは下向きにして真下を直接照らすように作られています。