篭行燈

民具の写真

078_1.jpg
篭行燈(かごあんどん)

使用例のイラスト

illust_078.jpg

置行燈(おきあんどん)ともいい、江戸時代の照明器具です。竹や木で作られた枠に和紙を貼り、風で光源の炎が消えないように作られています。上部には取っ手がついています。光源には油を入れた皿に木綿などの灯心を浸して点灯していました。