炭火アイロン

民具の写真

004_1.jpg
炭火アイロン

使用例のイラスト

illust_004.jpg

中に炭火を入れて、その熱で布などの皺や縫い目をのばす道具です。明治時代に洋装化にともなって伝来しました。炭火を入れるため胴部が大きく高さもあり、上面が開閉できる蓋になっています。ふたにはガス抜きの煙突と握り手がついています。