民具の写真

003_1.jpg

使用例のイラスト

illust_003.jpg

雨・雪を除けたり、日除けにするためのもので、頭にかぶっていた笠に対し、差し掛けて使用するため差し傘ともいいました。開閉自在の傘は、堺の商人が豊臣秀吉に献上したのが初めといわれ、江戸時代になって庶民の間にも広がりました。