福島正則 当世具足写し

ふりがなとうせいぐそくうつし

福島正則は関ケ原合戦おいては、豊臣恩顧の武将でありながら、東軍の先鋒として参加しています。水牛の大きな角をあしらった大きな脇立が特徴的なこの兜は、朝鮮出兵後に福島正則と黒田長政が交換した兜と伝えられ、桃の形に似ていることから、桃形兜(ももなりかぶと)と呼ばれています。
特徴的な脇立については、黒田長政以降、黒田家当主にのみ許されたとされています。

甲冑VR