井伊直政  当世具足※写し

ふりがなとうせいぐそくうつし

井伊家の甲冑は全体が赤漆塗で「井伊の赤備」と呼ばれています。井伊隊の特色としては赤具足赤旗指物で統一されていることです。本甲冑にある金箔押の脇立ては、井伊直政のトレードーマークとして、以降井伊家当主のみに許されたとされています。
当館所蔵の関ケ原合戦図屏風においても、中央付近の井伊隊が鮮やかに描かれています。

※当世具足(とうせいぐそく)
鉄砲の伝来により様々な防具(小具足と言う)を身につけたことにより、平安・鎌倉時代等の古式の鎧に対して、当世具足と呼びます。

甲冑VR