大谷吉継 緋糸威金塗二枚胴具足(白頭巾)

04.jpg
ふりがなひいとおどしきんぬりにまいどうぐそく

大谷吉継は、三成の再三にわたる説得を受入れ、関ケ原合戦に参戦し、小早川隊の反応により隊が大きく崩れ関ケ原で自刃したとされています。
大谷吉継については大病に冒されたため、兜をかぶることはなく、白頭巾姿とされています。

甲冑VR