島津義弘  阿古蛇形兜緋糸威中札二枚胴具足

ふりがなあこだがたかぶとひいとおどしなかふだにまいどうぐそく

島津義弘は関ケ原合戦においては、西軍総崩れの中、徳川家康本陣を目がけ敵中突破したことで知られています。この甲冑は鹿児島市黎明館蔵の馬上武者絵の甲冑を参考に製作されたものです。本甲冑は、主として平安・鎌倉時代に登場する騎馬戦に適した「大鎧」(おおよろい)であり、これを着て義弘も関ケ原合戦に臨んだと伝えられています。

甲冑VR