甲冑

00.jpg

甲冑は、古くは古墳時代の埴輪等にも見られ、その後の武器の発達に応じて甲冑も進化を遂げていきました。特に戦国期には鉄砲の伝来による戦法の変化により、大幅な進化を遂げています。中でも兜については実用性を重視しながらも、多種多様なデザインのものがあり各武将の個性が表現されています。
ここで紹介する甲冑は関ケ原合戦に関わる武将たちの甲冑を復元製作したもので、イベント等で使用する目的に関ケ原町が購入したものです。現在は資料館の1Fと2Fに展示されています。