加藤嘉明(東軍)

kato_yoshi.gif
ふりがなかとうよしあき
生誕永禄6年(1563)
死没寛永8年(1631)
領地戦前伊予松前10万石
領地戦後伊予松山20万石
合戦当時の年齢38才

少年の時より豊臣秀吉に仕える。
21才の時、賤ケ嶽の七本槍の1人として勇名を馳す。
その2年後からは、水軍を指揮。
秀吉に従い、各地を転戦。
小牧・長久手・会津攻めなどに大いに功あり。小田原・朝鮮の役では水軍の将として活躍した。
家康を支持する武断派と気脈を通じ、関ケ原合戦には東軍に投ず。
岐阜城を攻め、本戦では、黒田、細川らと右翼を守り奮闘。
功により伊予松山20万石を領す。
大坂夏の陣の後、会津若松三春二本松あわせて48万石となる。