藤堂高虎(東軍)

toudou.gif
ふりがなとうどうたかとら
生誕弘治2年(1556)
死没寛永7年(1630)
領地戦前伊予板島8万石
領地戦後伊予今治20万石
合戦当時の年齢45才

近江国等堂村に生まれる。
浅井長政に仕え姉川合戦に活躍。
後に秀長・秀俊父子に仕える。
朝鮮の役には唐島各地での功により、伊予板島7万石の領主となり後に1万石加増、8万石を領す。
秀吉なき後は家康に従い、下野小山から兵を西に転じた時、家康に江戸待機を進言。
関ケ原合戦では岐阜城攻略に参加。
15日の決戦では、東軍第2陣として布陣し、大谷隊と対戦した。
一方で朽木、脇坂、小川、赤座4隊の反応工作をした。
後、津城城主。

陣跡位置図


より大きな地図で 陣跡MAP を表示