本多忠勝(東軍)

honda.gif
ふりがなほんだただかつ
生誕天文17年(1548)
死没慶長15年(1610)
領地戦前上総大多喜10万石
領地戦後伊勢桑名15万石
合戦当時の年齢53才

通称、平八郎。
家康の重臣で徳川四天王の1人。
三方原、長篠の合戦などに参加し、数々の功を挙げた猛将。
一生のうち57度の合戦に参加し遂に一度も傷を受けなかった。
家康の信任厚く、俗に「家康に過ぎたる物が2つあり、唐の頭に、本多平八」と謳われた。
家康の会津攻めに従い宇都宮まで行き、軍議により福島、加藤等と兵を返し西上。井伊と共に東軍先鋒の軍監を命じられる。
関ケ原では中央に進出。第2線の背後にて旗本軍を指揮した。

陣跡位置図


より大きな地図で 陣跡MAP を表示