宇喜多秀家(西軍)

ukita.gif
ふりがなうきたひでいえ
生誕元亀3年(1572)
死没明暦元年(1655)
領地戦前備前岡山57万4千石
領地戦後備前美作備中
播磨三郡
領地没収八丈島配流
合戦当時の年齢29才

父直家没後、秀吉の養子となり、寵を受け、岡山に大封を得る。
後に秀吉の養女豪姫と結婚、五大老の1人として豊家を支える。
関ケ原合戦に於いては西軍最大の兵を持って福島隊等と主力決戦。
よく戦い最後まで一進一退を繰り返すが、小早川隊の反応で大谷隊が崩れ、小西隊、宇喜多隊も総崩れとなり敗走。
春日村、白樫村に隠れ、後、薩摩に渡って島津に庇護された。
前田、島津の懇望もあり、死罪は免れ、慶長11年(1606)八丈島に配流。
84才にてこの地で没す。

陣跡位置図


より大きな地図で 陣跡MAP を表示